TOKYO 働き方改革宣言企業

医療,福祉
株式会社エスケアメイト

本社所在地:台東区

常用労働者数:501~1000人

『社員すべてが夢と志を持ち自己実現を可能にする価値ある職場環境を目指します』という経営方針のもと、社員一人一人が、健康的で働きやすくやりがいのある職場となるような働き方に取り組みます。

宣言書

▶宣言書を見る

従業員が長く働ける環境整備を加速するため、
働き方改革宣言企業に参画

株式会社エスケアメイトでは、デイサービスや介護付有料老人ホームなどの介護サービス事業を展開している。同社では、介護記録の入力方法を手書きからタブレット入力に変更を試みるなど、介護現場の負担を減らすための業務改善を進め、従業員が継続して勤務できる職場環境を整備してきた。その取組を加速するため、2018年に「TOKYO働き方改革宣言企業」に参画。管理職による面談を定期的に実施し、必要に応じて業務分担を見直すほか、時間単位の年次有給休暇制度を導入した。社内周知を徹底することで、有給休暇取得率の向上を図っている。

取 組 内 容

働き方の改善

・定期的な管理職による面談を実施し、必要に応じて業務分担の見直しを随時検討します。

・『マナーダントツ宣言』を通し、『心掛け五ヶ条』を実行する事により全社員が“感謝”を表しやすい環境を整えます。

休み方の改善

・年次有給休暇の時間単位での取得制度を、より浸透させるための運用を行います。

・計画年休制度を導入した事により、全社員が計画的に、さらなる年次有給休暇を取得できる環境(風土)を整えます。

業務の共有と平準化を目指し、業務マニュアルを作成

働き方改善の具体策の一つが事務職における業務マニュアルの作成だ。同社における事務職の業務内容は、各事業所で異なるほか、個人の裁量によって負担のバラつきがあった。そこで働き方改革宣言を機に、業務内容の共有や平準化を目的とした業務マニュアルを作成。現在、各事業所で活用されている。異動時の引き継ぎや採用時の業務習得用マニュアルにも利用している。

時間単位年休制度の導入で、
ライフ・ワーク・バランスが好転

休み方の改善として注力しているのが、時間単位の年次有給休暇制度の利用促進だ。同社では小学生の子供を持つ従業員や家族の介護をしている従業員が多いが、これまで1日又は半日単位でないと有給休暇を取得できず、子供の学校行事や家族の介護の時間を取りにくいと感じる従業員が多かった。それが時間単位で有給休暇を取得できるようになったことで「生活と仕事が両立しやすい」と感じる従業員が増加。制度利用者を増やすため、従業員への周知を徹底するほか、新しく入った従業員にも入社時研修で説明している。

経営者・人事担当者のインタビュー

渡辺 浩之 管理部 人事・総務課 課長

従業員の身体と心が健康であることが、
サービスの質向上につながる

私たちが働き方改革で特に力を入れているのは、従業員がストレスを抱えずに仕事ができる環境を整えることです。従業員が笑顔でいられること、それがサービスや施設を利用されるご家族様に優しく接することにもつながります。そのためには従業員の身体と心が元気でないといけません。全従業員が健康的にいられる会社を目指し、今後も働き方改革を推進したいと思います。

働き方改革、
現場の生の声を聞きました!

川﨑 啓子 管理部 人事・総務課 主任

働きやすい職場環境で、育児と仕事が両立

現在、育児のため短時間勤務制度を利用しています。働き方改革宣言をきっかけに、限られた時間で、業務の効率化をより意識するようになりました。また、時間単位の年次有給休暇制度が利用できるようになり、育児と仕事の両立を後押ししてくれる職場環境に感謝しています。